第195回「御茶ノ水デジコンサロン」のご案内
パソコン誌を飾ったデジタル創世記の偉人たち〜みんなでレア本持ちよろう!〜

asahi-pasocom-coverpage

■スピーチタイトル

「パソコン誌を飾ったデジタル創世記の偉人たち〜みんなでレア本持ちよろう!〜」

■スピーチ概要

1988年9月に朝日新聞社が創刊した雑誌「ASAHIパソコン」は、先行するASCIIや日経BPの理系の専門家やホビイスト向けのパソコン誌とは違い、テクノロジーに疎い一般の初心者を対象に、新聞読者も親しめるようなエッセイや時事ネタも満載し、より広い読者層を獲得することに成功しました。また91年には、テクノロジーの話ばかりでなく、パソコンやデジタル関係のパイオニアの姿を表紙にフィーチャーし、どんな人々がどういう想いでこの世界を開拓しているか、その背景を探る試みを始めました。ビル・ゲイツやジョン・スカリーなどのビジネス界の大物ばかりか、ダグラス・エンゲルバート、アラン・ケイやテッド・ネルソンなどのビジョナリー、カウンターカルチャーのスターやアーチスト、映画監督や作家など、主に日本を訪れたデジタル・セレブたちを大判のポラロイドで撮影した姿は、デジタル創世記時代の雰囲気をそのまま記録しています。

今回は主に91年から96年に撮られた偉人たちの姿をデジタルハリウッドで展示する機会(写真展『ASAHIパソコンの表紙で振り返る デジタル創世記の偉人たち』詳しくは下記URLを参照ください)をいただきましたので、それらを見学することも含めて、パソコンが起こしたデジタル革命の姿を再確認してみたいと思います。

また同時に、80年代から90年代にかけて花開いたパソコン誌やデジタル関係雑誌についても振り返ろうと考えており、皆さまがお持ちの貴重な雑誌をご持参いただき、参加者全員でデジタル創世記の意味を論議したいと思いますので、もし、自慢のレア本をお持ちの方がいらっしゃいましたら、当日持参いただきご披露ください!

なお、11月24日(木)には、デジタルハリウッド大学 教授/メディアライブラリー館長の橋本大也氏と「デジタル革命40年史 メディアライブラリー特別対談」を行います。ご関心のある方は、下記より参加申込をしてください。

◎デジタルハリウッド大学 メディアライブラリー特別企画<入場無料>
写真展『ASAHIパソコンの表紙で振り返る デジタル創世記の偉人たち』
2016年11月24日(木)~11月30日(水) <休館日:11月25日(金)>
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001150.000000496.html

◎近未来教育フォーラム2016 Daily Life with Super Technologies
2016年11月24日(木)17:20-18:00
「デジタル革命40年史 メディアライブラリー特別対談」服部桂 氏(ジャーナリスト) x 橋本大也(デジタルハリウッド大学 教授/メディアライブラリー館長)
http://www.dhw.co.jp/forum/program02.html

■ゲストスピーカー

服部 桂(はっとり かつら)氏

1951年生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科で修士号を取得後、1978年に朝日新聞に入社。80年代の通信自由化の際、米通信系ベンチャー企業に出向。87年から2年間、米MITメディアラボ客員研究員。科学部を経て、出版局で「ASAHIパソコン」副編集長、「DOORS」編集委員、「PASO」編集長。94年に新聞紙面で初のインターネット連載。その後、2011年から同社ジャーナリスト学校シニア研究員。メディア研究誌「Journalism」編集を担当。

著書に『人工現実感の世界』『人工生命の世界』『メディアの予言者 マクルーハン再発見』など。訳書に『ハッカーは笑う』『人工生命』『デジタル・マクルーハン』」『パソコン創世「第3の神話」』『ヴィクトリア朝時代のインターネット』『謎のチェス指し人形ターク』『チューリング 情報時代のパイオニア』『テクニウム テクノロジーはどこへ向かうのか?』『<インターネット>の次に来るもの』等。

■日  時 2016年11月28日(月) 19:00から

■受付開始 18:30

■会  場 デジタルハリウッド大学大学院駿河台キャンパス 3F メディアライブラリー(図書館)
東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ アカデミア デジタルハリウッド
ご注意)御茶ノ水ソラシティ正面右側の入口から入ります。


大きな地図で見る

JR「御茶ノ水駅」(聖橋口)より徒歩1分、東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」直結、
丸ノ内線「御茶ノ水駅」より徒歩4分
住所・地図などは、 http://www.dhw.co.jp/company/access/ に案内がございます。

■定 員 40名(定員になり次第、締め切らせていただきます)

■参加費 500円 (ソフトドリンク付き、懇親会に参加される方は別途実費)
参加費は当日徴収させていただきます。領収書は発行いたしません。

■懇親会 20:30くらいから1時間程度

■参加ご希望の方は、 dgcsalon-reg@beingdigital.com まで、下記のように、
お名前・ご所属・メールアドレスを記載の上、お申し込みください。
併せて、懇親会への参加予定についてもお知らせください。

第195回 デジコンサロン参加希望

お名前:
ご所属:
メールアドレス:
懇親会 参加する・参加しない

  • デジコンサロンでは今後、Facebookでの告知や情報交換も行ってゆきます。登録をご希望される方は、Facebookアカウントもお知らせください。
  • 参加ご希望のお申し込みいただいた時点で、当日参加OKです。
  • 参加定員に達したことにより、お申し込みをお断りさせていただく場合がございます。その場合にはその旨、返信メールにてお知らせさせていただきます。
  • 当日の「デジコンサロン」は、USTREAMで中継いたします。また、後日ご覧いただけるようアーカイブいたします。
  • ご不明な点は、dgcsalon-reg@beingdigital.com もしくは、
    Facebook 高木利弘(Toshihiro Takagi)までお問い合せください。

■主  催:デジコンサロン
■協  力:デジタルハリウッド大学大学院

2013年11月以降のデジコンサロンの録画を以下でご覧いただけます。
http://www.ustream.tv/user/digiconsalon-news

<デジコンサロン世話会>  代表幹事 高木 利弘