第192回「御茶ノ水デジコンサロン」のご案内
企画とプロデュース 〜ラブリバー運動を事例に〜

loveriver-archives

■スピーチタイトル

「企画とプロデュース 〜ラブリバー運動を事例に〜」

■スピーチ概要

写真家江成常夫氏は多摩川の環境汚染が最も深刻だった1970年代初期、多摩川の源流から下流までを5年間にわたって撮り続けた作品を写真集にまとめ、平凡社から「江成常夫・多摩川1970-74」を出版されました。私は氏との40年来のご交誼がご縁で本書の企画と出版のお手伝いをさせていただきました。

写真集に描かれた、自然の中を流れる清流が下流に向かうにつれて汚染されて行く様子はラブリバー運動の原風景で、多くの人々が環境運動へ向かうきっかけとなりました。

私は1972年に東京青年会議所とニッポン放送に多摩川の環境浄化運動を提案し1973年に「ラブリバー・キャンペーン」を実施しました。キャンペーン終了後は「ラブリバー多摩川を愛する会」を設立し、いらい今日までの40数年間、ささやかですが多摩川の環境問題に取り組んできました。 今回のデジコンサロンでは、ラブリバー運動の始まりから写真集の出版までの40数年間の活動を「企画とプロデュース」という視点からお話させていただきます。

皆様のご参考になれば幸いです。

なお、ラブリバー運動の活動履歴は「ラブリバー多摩川を愛する会」のホームページの(活動の記録)をご参照ください。

■ゲストスピーカー

西尾安裕(にしお やすひろ)氏

  • 1942年生まれ。
  • 1965年 ニッポン放送入社。
  • 1973年 ラブリバー・キャンペーン企画・プロデュース
  • 1975年 「ラブリバー多摩川を愛する会」設立。
  • 1991年  マックワールドエキスポ東京、1994年 デジタル・コンバージェンスのプロデュースほか。
  • 2003年 ニフコン鬼怒川実行委員長。
  • 2015~16 写真集「江成常夫・多摩川1970-74」(平凡社)の出版協力。
  • 現在、デジコンサロン世話人、ラブリバー多摩川を愛する会代表。

■日  時 2016年7月25日(月) 19:00から

■受付開始 18:30

■会  場 デジタルハリウッド大学大学院駿河台キャンパス 3F E05-06教室
東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ アカデミア デジタルハリウッド
ご注意)御茶ノ水ソラシティ正面右側の入口から入ります。


大きな地図で見る

JR「御茶ノ水駅」(聖橋口)より徒歩1分、東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」直結、
丸ノ内線「御茶ノ水駅」より徒歩4分
住所・地図などは、 http://www.dhw.co.jp/company/access/ に案内がございます。

■定 員 40名(定員になり次第、締め切らせていただきます)

■参加費 500円 (ソフトドリンク付き、懇親会に参加される方は別途実費)
参加費は当日徴収させていただきます。領収書は発行いたしません。

■懇親会 20:30くらいから1時間程度

■参加ご希望の方は、 dgcsalon-reg@beingdigital.com まで、下記のように、
お名前・ご所属・メールアドレスを記載の上、お申し込みください。
併せて、懇親会への参加予定についてもお知らせください。

第192回 デジコンサロン参加希望

お名前:
ご所属:
メールアドレス:
懇親会 参加する・参加しない

  • デジコンサロンでは今後、Facebookでの告知や情報交換も行ってゆきます。登録をご希望される方は、Facebookアカウントもお知らせください。
  • 参加ご希望のお申し込みいただいた時点で、当日参加OKです。
  • 参加定員に達したことにより、お申し込みをお断りさせていただく場合がございます。その場合にはその旨、返信メールにてお知らせさせていただきます。
  • 当日の「デジコンサロン」は、USTREAMで中継いたします。また、後日ご覧いただけるようアーカイブいたします。
  • ご不明な点は、dgcsalon-reg@beingdigital.com もしくは、
    Facebook 高木利弘(Toshihiro Takagi)までお問い合せください。

■主  催:デジコンサロン
■協  力:デジタルハリウッド大学大学院

2013年11月以降のデジコンサロンの録画を以下でご覧いただけます。
http://www.ustream.tv/user/digiconsalon-news

<デジコンサロン世話会>  代表幹事 高木 利弘